和食ブログ | 神楽坂の接待にも使える和食料理屋「神楽坂 ささ木」

ホーム お問合せ・ご予約はコチラ
  • 神楽坂 和食
  • メニュー
  • アクセス
和食ブログ

神楽坂の雰囲気



表通りはいつも賑わっているのに対して、路地に入ると昭和の頃の雰囲気を味わうことができる街です。
静かな路地には、住宅街などに混じり料亭やレストランの名店が数多くあります。

かつての尾崎紅葉の旧居跡は新宿区指定史跡となり、泉鏡花の旧居跡は新宿区登録史跡となっています。
歴史の持つ風情と現在の時間が混在する街といえるでしょう。

チェーン店やコンビニが増えるにつれて、文人たちの通った老舗などが減りつつあります。
付近の住宅街などでも、マンションが次々と建設されて、昔の面影も薄れつつあります。
それでも、旧花街であり、路地では石畳がいくつもあり、
独特の雰囲気に浸ることができるのも確かです。

この神楽坂は、海外でのガイドブックで紹介されることが多く、
外国人の観光客にとって人気の高いエリアになっています。
日本の風情を味わうことのできる場所として、訪れているのでしょう。

神楽坂通りのランドマーク的なものとして、毘沙門天善國寺があり、
これを中心として、江戸時代創業という老舗もあり、雑貨店、飲食店、
ファション関係など多種多様なお店が軒を連ねています。
他にも、神楽坂駅近くには赤城神社があり、いまでは現代風に生まれ変わってます。
境内には「あかぎカフェ」があり、とても居心地のよい空間です。

周辺には、東京理科大学、法政大学、東京日仏学院などがあり、
フランス関係の機関などもあることから、外国からの人たちも見かけます。