和食ブログ | 神楽坂の接待にも使える和食料理屋「神楽坂 ささ木」

ホーム お問合せ・ご予約はコチラ
  • 神楽坂 和食
  • メニュー
  • アクセス
和食ブログ

食材の持つ力を舌や目で楽しむ和食料理



和食は、日本料理のことです。
「日本料理」は、日本の独特の食材を日本ならではの調理法で料理されたものです。
洋食に対しての和食といわれます。
いちばんなじみのある日本料理といえば、寿司、刺身、蕎麦、天ぷら、などです。
今では外国にも「日本料理」として認識されているものです。
日本料理の食材といえば、米、穀物、野菜、豆類、果物、魚介類、海産物、鳥類の肉です。
特に、豆類を使った料理が特徴的です。豆腐や湯葉、といったものですね。

また、日本料理は食材をいかすために、調理方法もシンプルです。
生で食べたり、焼く、煮る、蒸すといったところです。
さらに、見た目にもうれしいようにと、盛り付けもきれいになされています。
「神楽坂 ささ木」では、旬の食材にこだわって料理を提供してくれます。
春には、新玉ねぎや筍、ホタルイカ、ミル貝、海老などが旬です。
夏には、夏野菜ですね。とうもろこし、ナス、きゅうりといったものです。
ハモ、鮎、そしてウナギが夏の旬の海のものです。

秋には、夏からの季節の変わり目にキノコ類がいろいろとでてきます。
舞茸や松茸です。「秋」とつく秋鮭、秋刀魚、のほかに鯖やイクラもあります。
冬は、あんこう、ふぐ、ずっぽん、くえ、松葉ガニなどが旬です。
冬といえばやはり温かい鍋料理がうれしいです。
ほかにも、新鮮な食材は刺身でも食べることができます。

このように、食材の持つ力は旬のものを使うところにあります。
見た目にも味にも楽しむことができるというのが、和食のいいところです。